トップページへ
社団法人東京環境保全協会当教会へのメール
足立区長さんへ要請書引渡し
足立区長さんへ要請書引渡し写真 東京環境保全協会では、7月の常会において、足立区町会・自治会連合会が取りまとめている「無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律」「観察処分の期間更新」「住民の不安を取り除く抜本的な法整備」の主旨に賛同する署名活動を実施したところ、会員各社の賛同を得て、6,000余りを超える署名が集まり、平成30年1月16日、協会役員が足立区長さんを訪ねて手渡しました。
 
3S説明
 
安全

平成30年度 事故防止目標

 
平成30年度協会目標平成30年度の事故防止目標は、標記の通り大きな2つの柱と運転者に具体的な行動指針を掲げ、保全協会が作成したポスターを会員各社に配付し、社内・車庫に掲示することにより、従業員への注意喚起を促すなど、安全運転の励行を徹底するよう指導教育に重点を置いて取り組むこととしました。
 

行動指針の解説

■カモ運転で危険を察知
 飛び出してくるカモ 相手が止まらないカモ 前車が急に止まるカモ
 歩行者・自転車の飛び出しによる事故、相手車両の一時停止無視による事故、前方車両の急停車による追突事故が多発しています。相手の動作はコントロールできません。カモ運転で事故防止に努めましょう。

■一時停止 2度停止
 停止線手前で停止(これは相手に自車を見せる)。徐行して左右見通せる交差点手前で、2度目の停止(ここで目視による周囲の確認)。2度停止を実践することで出会い頭の衝突を回避することができます。

■発進時 指さし確認
 接触事故の多くが、停止状態からの発進(前進、後退)時に発生しています。電柱・ポール・花壇の存在を忘れて動き出す/ぎりぎりに寄せて停止したことを忘れてハンドルを大きく切り塀に接触する等。発進時は指さし呼称を行い、周囲を確認してから発進してください。

■後退時 窓開け確認
 運転席では必ず窓を開け、誘導員の声を聴き、目視で確認してからギアを入れ、バック走行(徐行)を行う。
 バックする前に必要に応じて、運転手自身が運転席を降りて、後方・左右の状況や電柱・ポール・ひさし・塀等を確認する。
 
 
 

平成29年度 事故発生分析状況(有責分)

 
 平成29年度の事故発生分析状況の特徴としては、事故の相手方で昨年度同様、工作物、車両、自転車の3点の割合が高かった。事故発生の曜日において、28年度は月曜、水曜、金曜、土曜の順で高かったが、29年度は月曜、火曜の週前半で多く発生している。発生原因として昨年度同様、接触事故の割合が最も高く、全体の八割弱を占めた。発生場所では28年度は道路上、収集現場、交差点の順に割合が高く、29年度もほぼ同様の順となっています。
 30年度も同じく、右左折時、発進時、後退時に一呼吸おいて次の動作に移るゆとりある運転が肝要であり、特に人身事故の撲滅と、安全運転の一層の徹底を図ってまいります。
 4月、9月、12月を交通事故防止強化月間として、各ブロックによる定点監視等の実施、各社社長及び管理職による従業員への督励等を行い事故防止への意識の高揚を図り、目標に向かって取組んでいきます。
 

 
 
奉仕
区民まつりへの参加
文京区:文京青空ガレージセール平成30年5月13日(日) 文京区柳町小学校
参加会社:
東栄興業(株)
昭和運輸(株) 白井運輸(株) 東清掃(株)
(株)大東運輸 高嶺清掃(株) 東都運業(株)
日盛運輸(株) 丸都運輸(株) 水穂興業(株)
(株)明和運輸
文京青空ガレージセール写真
足立区:地球環境フェア2018 港区:エコライフ・フェアMINATO2018
参加会社:
東武清掃(株) (株)飯塚運輸 上松輸送(株)
大谷清運(株) 奥田興業(株) 協立輸送(株)
(株)小早川運輸 栄運輸(株) 城北清掃(株)
昭和運輸(株) 白井運輸(株) 第一輸送(株)
太盛運輸(株) 高嶺清掃(株) 東栄興業(株)
(株)服部運輸 丸都運輸(株) 水穂興業(株) 都清掃(株) (株)明和運輸 
参加会社:
上松輸送(株) (株)東海運輸 三東運輸(株)
東清掃(株)    奥田興業(株) 協和興業(株)
(株)興 農      栄 運輸(株)    三和清運(株)
(株)大東運輸 高嶺清掃(株) 東都運業(株)
都北運輸(株) 中島運輸(株) 日盛運輸(株)
水穂興業(株) 長崎丸運輸(株)
地球環境フェア2018写真 エコライフ・フェアMINATO2018写真
 
江戸川区:2018 環境フェア 荒川区:環境・清掃フェアあらかわ
参加会社
三東運輸(株) 富士運輸(株) 日盛運輸(株)
(株)興 農       三和清運(株) 水穂興業(株)
長崎丸運輸(株) 誠伸運輸(株)
参加会社:
白井運輸(株) 都北運輸(株) 協立輸送(株)
東清掃(株)    (株)飯塚運輸 栄運輸(株)
三和清運(株) 昭和運輸(株) 東都運業(株) 東武清掃(株)  長崎丸運輸(株)
(株)明和運輸
2018 環境フェア写真 環境・清掃フェアあらかわ写真
青年部会の活動実績
鈴木青年部会長あいさつ
鈴木青年部会長 第14回を数えました青年部会の総会ですが、関係の皆様のご協力をいただき無事に終了致しました。誠にありがとうございます。
 第十五期は青年部会部会長として大事な節目の六年目となりますが、今期は大きな組織変更を行わず、引き続き、東京環境保全協会が抱えているたくさんの問題に取り組んでいきたいと思います。
 昨今、労務問題や人員不足等、協会を取り巻く社会情勢が厳しい状況となっております。物流業界大手も非正規社員の正社員化に取り組むなど人員確保に苦慮しているというニュースは衝撃的でありました。また、各区の特色を生かそうとする独自性やごみ処理に関する考え方の違いなど私たちに求められる事業の多様化が進んでおります。しかしながら、街の衛生環境を守るため、住民の生活に一日たりとも欠かすことのできない仕事を行政からの絶大なる信頼を得て請負うという基本はいつの時代も変わらないと思います。先人たちがどの様な努力をして信頼を得てきたか、また、今後も信頼され続けるためには何をしなければならないか、今青年部会がしっかり考え学ばなくてはならないでしょう。仲間を信じ一人一人が危機感や緊張感を持ち、待っているのではなく積極的に提案し、この逆境な状況においても確かな力を養うことにより、時代に適合しながらしっかり社会に貢献していける強い協会を目指していくことが我々青年部会の使命だと感じます。そのためにお互いの知識や経験を共有し、諸先輩方の経験や体験を教わり、青年部会員同士が時には激しく意見交換を行い、相互研鑽・切磋琢磨しながら一枚岩となり、全員が着実に成長していける青年部会を目指します。
 私は五年前の部会長就任当初より「強い協会を作る」をテーマに青年部会活動に取り組んでまいりました。今後も青年部会員一人一人が高い目標を持ち、その若い力を集結し、協会の発展により一層邁進してまいりますので、ご指導ご鞭撻のほどをよろしくお願い申し上げます。
青年部会第14回定時総会・懇親会
青年部会第14回定時総会・懇親会集合写真 平成30年4月26日(木)東京環境保全協会七階大会議室において、青年部会第14回定時総会が開催されました。
 鈴木尚紀部会長体制六年目の今年は、役員・組織・体制に変更はありませんでしたが、新年度の最初として鈴木尚紀部会長の青年部会活動に対しての熱い思いが語られ、青年部会員一同の気がさらに引き締まる中、定時総会が開催されました。 
 続いて青年部会各委員会担当の副部会長より平成29年度の事業報告と、平成30年度の活動方針と活動計画が発表されました。本年度は、前年度から続けてきた活動を継続していき、勉強会・研修会を通して海外視察や東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の対策等といった将来を見据えた活動を行っていく予定となっております。
 定時総会終了後は、宮舞朗総務委員会副部会長の司会により懇親会が開催されました。鈴木部会長の思いのこもった開会挨拶から始まり、東京環境保全協会 田口会長にご挨拶をいただき、市川専務理事による乾杯のご発声の後、歓談となりました。各委員会の3人の委員長より、平成29年度の活動報告と平成30年度の活動計画を発表していただきました。その後は、御来賓の方々から叱咤激励を賜り、青年部会に対する期待をよせていただきました。
 次に卒業生3名の方に、今まで青年部会活動をしてきた時の思い出を語っていただきました。最後は山田宏一実務委員会副部会長の挨拶で閉会となりました。
平成30年度  新年度研修会
増谷尚余氏、樋口茂雄氏 平成30年6月20日(水)東京環境保全協会7階大会議室において新年度研修会が開催されました。講師には東京二十三区清掃協議会 事業調整課長の増谷尚余氏、同じく事業調整課経理係長の樋口茂雄氏をお迎え致しました。
 「覚書について」という題目でご講演をいただき、覚書の締結までの歴史と経緯等、東京二十三区清掃協議会様の立場からわかりやすく説明していただき、とても勉強になりました。
 本研修会には多数の青年部会員が出席しました。会員からは「大変わかりやすくご説明いただいた。」「青年部会に対する期待も感じられた。」「期待に応えたい。」との感想もあり、青年部会員の清掃事業に対する新たな思いを抱かせる素晴らしい研修会となりました。
研修会「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会にむけて」
鈴木和歌氏 平成30年6月20日(水)、講師に東京二十三区清掃一部事務組合 施設管理部 運営担当課長(東京オリンピック・パラリンピック調整担当課長)鈴木和歌氏をお迎えし、東京環境保全協会7階大会議室にて多数の部会員出席のもと研修会を行いました。
 研修会では東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を開催するにあたり、様々な課題が生じる事についての説明をされていました。その中で、私たちの清掃事業にどのような影響があるのか、また新たな取り組みをしていくのかという点を具体的にお話し頂きました。説明の中で業界に必ず影響がある開催期間中の交通規制については非常に危機感を覚えるものでございました。道路の渋滞が起きる事については想像していましたが、今回の資料を交えた講演を聞きそれが非常に大きな問題なのだと再確認できました。
 後半には、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会での運営時廃棄物について、清掃事業に関係してくる分野の資源管理についての説明があり、ロンドン大会相当程度のリユース・リサイクル率を目標とした取り組みが検討されているとの事でした。最後は質疑応答が交わされ、時間が足りなくなってしまうほどの有意義な研修会となりました。
一般社団法人 日本環境保全協会 第4回青年部事業推進協議会・研修会
 さる平成30年3月14日(水)に開催された、一般社団法人 日本環境保全協会の「第4回青年部事業推進協議会・研修会」に、一般社団法人 東京環境保全協会からも多くの青年部会員が出席いたしました。
 日本環境保全協会 青年部事業推進協議会の委員長であり、東京環境保全協会 青年部会 鈴木部会長の開会挨拶に始まり、講師に杜若(かきつばた)経営法律事務所の岸田鑑彦弁護士をお招きし、「円満な労使関係を築くために会社がすべきこと」をテーマに経営側に立った労務問題対応について講演いただき、現在特に問題となっている事案や今後増えてくるであろう事案について、実例を用いての具体的な対応策を学ぶことができました。
 中でも、解雇・退職に関わる労務問題や民法改正による影響についての具体的な対応策については、会社経営をしていく上で非常に有意義な研修であったと感じております。
 青年部会でも労務問題について意見交換をする機会を作り、情報の共有化をすることで様々な問題に対応する能力を育てたいと思います。
女性部会の活動実績
女性部会部会長あいさつ
 平素、皆様には、女性部会の活動につきましてご理解・ご協力を頂きまして、誠に有難うございます。
 今年度の女性部会活動につきましては、まず、雇用面での大幅な変更に対応すべく就業規則等の勉強会をして、まず足元を固めます。
 そして、業界の人手不足に対応するための部内の意見交換会を開催し、知恵を出し合い、相互研鑽を致します。今年最後の行事としましては、今、区民の方々、行政の方々等、すべてがお客様であるという意識を持ち、失礼な対応にならないように基本的にマナーの研修会を予定しております。全社が一丸となって、この業界の事業が永続的に発展していくことの一翼になれるような活動を実施して参ります。今年度も女性部会へのご指導ご鞭撻を何卒よろしくお願い致します。
女性部会総会を開催
 4月20日(金)に東京環境保全協会6階会議室に於いて、女性部会総会を開催致しました。五十嵐部会長より、女性活躍推進を女性の立場から考えながら、私達も引き続き勉強会などで知識を高めていきましょうというご挨拶がありました。
 その後、平成29年度活動・収支会計を報告し、平成30年度のスケジュールを話し合い、決定を致しました。
平成30年2月〜6月の催し
8月
7日   企画広報委員会
9日   事故防止対策委員会
    三役会
9日   理事会
16・17日   事故防止対策委員会研修
19日   常会
10月
7日   企画広報委員会
9日   事故防止対策委員会
    三役会
9日   理事会
14日   日本環境青年部会
20日   常会
11月
10日   事故防止対策委員会
    三役会
    理事会
18日   常会
    企画広報委員会
20日   女性部会総会
26日   青年部会総会
12月
16日   事故防止対策委員会
    三役会
    理事会
19日   地球環境フェア 足立区
    エコライフフェアMINATO2018
20日   荒川リサイクルフェア
    江戸川区環境フェア2018 
24日   常会
    (一社)東京環境保全協会 総会
    東京都環境衛生事業協同組合総会
    (一社)東環保研修センター 総会
    (一社)東京環境保全
               退職金共済会総会
25日   家電リサイクル事業協同組合総会
12月
7日   (一社)日本環境保全協会総会
11日   事故防止対策委員会
    三役会
    理事会
18日   常会
    企画広報委員会
20日   青年部会新年度研修会
26日   企画広報委員会
Copyright(C)2004 TEPA. Allrights Reserved.